株式会社ツジヤ工業

建築/土木/建設
所在地 北海道札幌市東区

「左官屋さんて何をやる仕事なの?」と思われる方も多いかもしれません。

左官という仕事を一言でいうと「コテを使って、壁を塗る仕事」。

簡単そうに聞こえるこの仕事。

実は壁や床を手先の感覚だけで、ムラなく均一に美しく塗り広げる作業ができるようになるまで、最低5〜7年かかると言われるくらい難しい仕事なんです。

そんな難しい仕事だからこそ、今後も機械化・デジタル化できない手職の左官業は必ず必要とされる仕事として間違いなし!

未経験からでも一生食べていける、時代に流されないスキルを身につけて「左官のスペシャリスト」を一緒に目指しませんか?

ツジヤ工業の最年長職人は69歳!!

左官職人として一番大切なものは、なんといっても「技術」。

体力も大切ですが、体力だけでなんとかなるという仕事ではありません。建設業界の中でも、左官職人に女性と年長者が多い理由はここにあります。

ツジヤ工業のお師匠さんも今年69歳になりますが、間違いなく一番の腕の持ち主!今も現役でバリバリ働いています。

また、未経験からスタートした女性職人もおり、今では壁塗りもおてのもの!

4月からは高卒の女性見習い職人が入社予定!若い年代も増えてきています。

左官職人は、スキルを身につければ長く働くことができる「手職」。今後も機械化・デジタル化できない仕事だからこそ、「将来的にとても見込みのある職業」だと思っています!

ツジヤ工業の左官職人て何をしているの??

ツジヤ工業で一番多い仕事は、コテを使って壁を均一に塗ること。

一人前の職人になる為に、まずは見習い職人として働いてもらいます。

主な見習い職人の仕事は「材料の荷揚げ」、「掃除」、「材料を作る」。

そこに、当社では「コテを使って壁を塗る」という仕事が追加されます。ひと昔前までは、コテを持つまで3年かかるということもありました。

でも、当社では、早い人だと高卒で入社をしてから4〜5年経った24歳くらいで職長(リーダー職)をやってもらっています。

これは、他の会社に比べると早い段階で職長を任せているのですが、これも早く現場に出て勉強してもらう為です。

会社ぐるみで即戦力となる人材を育成する制度を整えています!

左官屋さんて冬は何の仕事をしてるの??

冬だからできないという仕事ではないんです。

冬にできる仕事をどんどんやっていっています。

ツジヤ工業では、ゼネコンからの仕事がほとんどを占めています。ゼネコンからの仕事は「左官技能士」という国家資格が必要な現場が多いため、ツジヤ工業には資格取得者が多く在籍しています。

毎年社内で3名程、資格取得者を増やして行っています。

1年間を通して仕事があり、このようなご時世ですがありがたいことに仕事量は例年と変わらず安定していて、すでに来年度の仕事も8割ほど決まっている状況です。

先輩の声

  • 女性職人も多数活躍!働きやすい環境が整っています!
    佐藤 亜美さん
    2019
    親族に左官屋さんがいて、昔から左官職人に興味がありました。

    左官職人は男性が多いイメージでしたが、繊細な作業が沢山あるということで女性職人も多数活躍していると知り、未経験でしたが思い切ってチャレンジすることにしました。

    初めての現場仕事や、まだ女性の少ない業界ということで心配な部分もありましたが、子供がいても、働きやすいようにケアしていただけて、とても働きやすいです!

    力仕事もありますが、周りのみなさんがフォローしてくれるので女性でも働きやすいです!

    また、休日の調整なども配慮してくれるのでとても助かっています。

    これからの職人としての目標は「美しく均一に壁を塗ること」と「床を塗れるようになる」です!
  • 職長になることが目標です!
    中川 癒偉人さん
    2020
    この仕事を始めたのは、テレビで左官職人の特集を見て「左官職人やってみたい!」と思ったのがきっかけです。

    家族がクロス貼りの仕事をしていて自分も前職はクロス貼りをしていました。

    同じ建築関係の仕事ですが左官屋さんに関してはテレビで見た知識くらいで、特に詳しいわけではなかったんです。

    当社では、下地塗りという均一に壁を塗る仕事がほとんど。覚えることは多いですが、やりがいのある仕事だと思っています。

    左官は100%自分の腕が試される仕事、自分で塗ったものが目に見える仕事です。成長が目に見えてわかるのはモチベーションにつながります。

    今後の目標はスキルを磨いて、将来的に「職長」を目指すことです!

うちの自慢

ツジヤ工業では、2年も3年も雑用ばっかりなんて事はありません。

毎年新しい人が入って来るので、ずっと下っ端ということもありませんし、どんどん若い人が入ってきているので、年の近い同僚もたくさんいます。

このようなことができるのもしっかりと技術を持った職人がたくさんいて、サポートできる体制が整っているからこそ。

左官の一番面白いところは、やっぱりコテを持って壁を塗る事です。

若い人たちには「コテを持って、壁を塗りなさい!」、年長者には「(若い人たちに)コテを持たせて、壁を塗らせなさい!」というスタンスでやっています。

若い人が、たくさん経験をして、左官職人として技術を磨いていける環境が揃っています!

採用担当者の声

長くこの仕事をしていて思うことは、「左官屋の仕事って、やっぱり難しい!」ということ。

だからと言って、「うまくできないからクビ」は絶対にありません!

うまく壁が塗れなければ、たくさん経験を積んで練習すればいい。覚えられなければ、できることからやればいい。

こちらも、一人一人のできることに合わせて仕事を任せていきます。

とにかく左官業は難しく、できるようになるまで時間がかかる。できないのが当たり前の仕事です。時間をかけて覚えていけば、一生モノの仕事になること間違いなしです。

「左官屋って面白いな」、「この会社居心地がいいな」、「仕事も覚えてきたし長く続けるか!」と思ってくれる人が増えると嬉しいです!

現在、以下の職種を募集しています

企業情報

会社名 株式会社ツジヤ工業
所在地 北海道札幌市東区北35条東5丁目1番7号
電話番号 011-299-7336
事業内容 1.左官工事業
2.タイル業
3.斫り業
4.前号に付帯する一切の業務